企業におけるハイヤー利用について

ハイヤーは以前からビジネス利用が多く、大企業の幹部や役員の運転手として派遣されるのは、ハイヤー会社でも有能で仕事のできる社員です。運転技術の高さや、安定したハンドルさばき、的確な距離感で大企業の幹部や役員と会話ができるスマートな人物です。ときには、海外からお客様を出迎えることもあるため、外国語の堪能な社員がふさわしいでしょう。

ハイヤーのビジネス利用は幅広く、特に多いのは社用車としての代わりとして使われます。大企業の多くは、役員クラスになると朝の出勤は運転手がお迎えにあがります。決まった時間に自宅までお迎えにあがりますが、この運転手をアウトソーシングする動きが各企業に見られるようになりました。大企業の役員となると、人数もそれなりにいますし、それぞれに運転手をあてがうことは、多大な経費がかかります。さらに、社用車の台数も準備しなくてはならず、それに伴っての維持費や駐車場代など、さまざまな経費がかさむでしょう。

このような動きはリーマンショック後から顕著となり、最近ではアウトソーシングしている企業の方が多いような気もします。ハイヤーサービスのプランナーは運転技術や接客スキルも高いため、特に問題がないためです。ここでプランナーの資質が低いとアウトソーシングを考え直す動きになるでしょう。

また、役員になると各種パーティやイベントなどに出向くことも多いため、プランナーはほぼ役員専用となっているような気もします。基本的に、専属の形は取らないものですが、どうしても数人で請け負うことになるため、半ば専属のような形に近いのかもしれません。ある程度は顔なじみになった方が役員も接しやすいでしょうし、車内で仕事もしやすいはずです。ハイヤー内では、仕事をする役員も多く、メールチェックや電話をするため、毎回プランナーが変わることを気にする役員もいるでしょう。守秘義務があるので、基本的には安心できると思いますが、気持ちの面で気になる場合はあります。

さらに、季節のかわりめや、春先は各企業の人事異動が行われる季節であるため、挨拶回りの機会も増えます。このときにも、プランナーの仕事の忙しくなるときです。まれに、企業側から取引先の役員のためにハイヤーを頼まれることもあります。そのほか、ゴルフ接待では役員数名を1台の車両に乗せての送迎を行うこともあり、ビジネス利用は幅広い送迎が必要です。ビジネス利用で大企業からの依頼が頻繁に入ることは、そのハイヤー会社が信頼されている証明とも言えます。